フィジカルな複数の刺激

紫外線を浴びると生成されるV.D.は、カルシウムが体内に吸収されるのを促進する作用で広く知られており、血液の中のカルシウムの濃度を操作して、筋繊維の活動を適切に操作したり、骨を作ってくれます。

世界保健機関(World Health Organization)は、有害な紫外線A波の異常な浴び過ぎはお肌に健康障害を起こすとして、19歳未満の若者が日サロを使用する活動の禁止を強く世界中に提案しています。

過食、体重過量、喫煙、消費カロリーの低下、精神的・肉体的なストレス、老化というような多様な素因が混ざり合うと、インスリン分泌が減ったり、機能が衰えたりして血糖値が高くなる2型糖尿病(ICD-10:E11)を発病します。

不快な耳鳴りには当事者にしか聞こえないような「自覚的耳鳴り」と、血液が流れる音などのように当事者に加えて他の人にも性能の良いマイクロホンなどを使用してみると感じられるらしい「他覚的耳鳴り」とがあるのです。

インキンタムシ(陰金田虫)というのは、医学的には股部白癬(こぶはくせん)という病名を持ち、かびの仲間である白癬菌が股間や陰嚢、お尻などの部分に何らかの理由で感染、定着してしまう病気であり簡単に言うと水虫のことです。

アメリカやヨーロッパ各国においては、新しく開発された薬の特許が切れてから30日後、市場の約8割が後発医薬品(こうはついやくひん)に替わるような薬品もあるほど、後発医薬品(こうはついやくひん)は各国に親しまれています。

アルコールを無毒化する力のあるナイアシンは、苦しい二日酔いに効く成分です。ゆううつな宿酔の誘因物質だといわれるエチルアルデヒドという物質の無毒化にも関係しています。

くも膜下出血とは90%弱が「脳動脈りゅう」という脳の血管にできるコブが裂けてしまう事によって起こる死亡率の高い病気だということを多くの人が知っています。

薬や酒に含まれるアルコール、色々な食品添加物等を特殊な酵素で分解して無毒化する作用のことを解毒といい、多機能な肝臓の大切な職責のひとつです。

虚血性心疾患の心筋梗塞は心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化によって血管内の空間が狭くなってしまって、血液の流れが止まり、欠かせない酸素や栄養を心筋まで届けられず、ほとんどの筋細胞が壊滅状態になってしまう大変危険な病気です。

結核をもたらす結核菌は、患者さんがゴホゴホと咳き込むことで外気に放たれ、空中でフワフワ移動しているのを今度は他の人が呼吸しながら吸い込むことによって拡がります。

環状紅斑(かんじょうこうはん)というものは環状、要するに輪っかのようなまるい形状をした赤色の発疹や鱗屑(りんせつ)など、皮膚症状の総合的な病名ですが、素因はまさしく様々なのです。

グラスファイバー製のギプスは、丈夫で重くない上にとても長持ちし、水に濡れてしまってもふやけずに使えるというメリットがあるため、現代のギプスの中でも定番です。

突然発症する急性腸炎は、大多数が腹部の痛み・嘔吐・下痢の症状が出る位で済みますが、バイ菌の感染が原因の場合は強烈な腹痛・長引く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・水下痢とともに38度台の高熱も出るのが相違点だといえます。

学校・幼稚園などの大規模な集団行動をするに当たって、花粉症の症状が要因でクラスのお友達と同じようにして元気に運動できないのは、患者にとっても悔しいことです。

グラスファイバーで作製されたギプスは、衝撃に強くて軽い上に長期間使うことができ、シャワーなどで濡れても使えるという利点があるため、現在の日本のギプスの定番製品でしょう。

「体脂肪率(body fat percentage)」とは、全身の脂肪が占めている%を指し、「体脂肪率(percent of body fat、%)=体脂肪の量(kg)÷体重(weight、キロ)×100」というシンプルな数式で値を確認できます。

ジェネリック医薬品(generic drug)というものは新薬の特許が無くなってしまった後に売られ、新薬に等しい成分で金銭的な自己負担が小さい(金額が安い)後発医薬品のことをいいます。

H17年から特保(トクホ)の外観には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との注意喚起の文章の記載が義務となった。

70代以上の高齢者や慢性的な持病を持っている方は、際立って肺炎を発症しやすく治るのに時間がかかる傾向が見られるので、予防策の徹底や早めの手当が肝要です。

スギ花粉が飛ぶ時節に、乳幼児が発熱は確認できないのにクシャミを連発したり水っぱなが出続ける状況だったなら、もしかすると『スギ花粉症』の可能性があるでしょう。

一見すると「ストレス」は、「溜めてはいけない」「除外すべきもの」ものと考えがちですが、実のところ、私達は様々なストレスを経験しているからこそ、活動することが可能になっています。

環状紅斑というものは環状、要するに輪っかのようなまるい形をした赤っぽい発疹・湿疹や鱗屑など、皮膚病の総称であって、病因は誠に様々なのです。

うつ病というのは脳の中で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが足りなくなり、不眠、憂うつ感、著しい倦怠感、疲労感、食欲低下、5kg以上の体重減少、強い焦燥感、顕著な意欲の低下、希死念慮、そして重症化すると自殺企図等の危険な症状が出現します。

肝臓を健康な状態に維持するためには、肝臓の有害物質を分解する力が衰退しないようにする、分かりやすく言うと、肝臓のアンチエイジング対処法を実践することが有効だと考えられます。

男性にしかない前立腺は働きや成長にアンドロゲン、即ち雄性ホルモンがとても大きく関係していて、前立腺に発現したガンも同じく、アンドロゲンの力で大きく成長します。

ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、手や足が無感覚になったり脚の著しい浮腫などが代表的で、発症から時間が経つと、重症の場合、呼吸困難に至る心不全などを連れてくることがあるそうです。

鍼を皮膚に刺してもらう、というフィジカルな複数の刺激が、神経細胞を興奮させて、神経インパルスと称されるいわば電気信号の伝達を誘引するという考え方が浸透しています。

虚血性心疾患の一つである狭心症の外科処置では現在「大動脈バルーンパンピング法(IABP)」と「冠動脈大動脈バイパス術(CABG)」という2種の治療法が高い頻度で活用されています。

胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、4~5日ちゃんと服薬すれば、大抵、8割~9割の患者さんの自覚症状は去りますが、イコール食道の粘膜のダメージや炎症が引いたことを意味しないのです。

もっと詳しく>>>>>タマゴサミンと効かない薬の違い